広島市南区松原町9-1エールエールA館7階

広島駅から徒歩2分

クリニックブログ BLOG

そもそもむし歯って?

こんにちは。
ゴールデンウィークも終わり、そろそろ梅雨に入ります。ジメジメして嫌な季節になりますね・・・

さて、すずき歯科小児歯科はブログをスタートします。普段、皆様が気になっていることを分かりやすく投稿していこうと思っています。興味のある方は是非覗いてみてください。

第1回目は、むし歯の原因についてお話します。

むし歯は、歯垢の中のばい菌(ミュータンス菌)がつくり出す酸によって歯のカルシウムが溶かされ、歯が弱くなり次第に穴が開いてしまう病気のことです。
ミュータンス菌は、砂糖の入った甘い物を食べると活発に働いて酸をつくります。この酸によって歯が溶かされます。これがむし歯の始まりです。

むし歯の原因には3つの要素があります
ばい菌(ミュータンス菌)
糖質(特に砂糖)
歯の質

この3つの要素が重なった時、時間の経過と共にむし歯が発生します。




よく、親御さんから「歯みがきちゃんとしてるのに・・・ショック!」
という声を聞きます。
歯みがきをきちんとしていても、だらだらと甘い物を食べているとむし歯になってしまいます。
特にアメやソフトキャンディなど長時間かけて食べるお菓子は要注意です。

一度むし歯になった歯は、基本的には元には戻りません。
むし歯にならないためにも、
 ①規則正しい食事
 ②甘い物の制限
 ③正しい歯みがき、フロスの使用
 ④定期的な歯科医院での高濃度のフッ素塗布

が大切です。

そしておやつは決まった時間に、決まった量をあげるよう心がけましょう。



次回はむし歯ってうつるの??の話です。お楽しみに…