大人の治療に関する質問

Q.顎関節症その1
4月に広島に引っ越してきました。
去年より顎関節症と診断され、歯科医院で教わった下顎の運動してますが首、肩、顔の痛みがあります。夜中に2、3回くいしばりでめが覚めることがあります当たってる方の歯が痛みはありませんが出血することもあります。下の歯はブリッジになってまして顎の痛みもブリッジの調節で治る時もありますインプラントはしたくありません。今の状態で顎関節症の治療はどのような事をお考えになりますか?よろしくおねがいします。

A.回答
明らかな顎関節症の症状を呈していると思われます。夜間に目覚めるほどのくいしばりがあるとのことですが、くいしばりや歯ぎしりは顎関節症の強力な誘因となります。一般的には入眠前の自己暗示療法などによるくいしばりの防止が第一選択となるのですが、なかなか自発的に止めるのは困難です。そのため対症療法的にスプリント(マウスピース)を用いることが多いです。残念ながら当院の歯科医師達は顎関節症のスペシャリストではないため、通法通りスプリント装着に至る処置を行いますが、治療効果が上がらない場合には総合病院の口腔外科専門医に治療の継続を依頼しています。スプリントを用いても改善しない場合にはCTやMRIなどの高度な検査やより専門的治療(場合によっては手術など)が必要となるからです。
当院では関連病院として、広島大学病院、広島赤十字原爆病院、広島市民病院、県立広島病院へご紹介しております。もし相談者様がこれらの第二次医療機関の口腔外科受診を希望される際には、かかりつけ医からの紹介状が必要ですのでお近くの歯科医院への受診をお勧めいたします。

おとなの治療への質問と回答

目次

ドックベストセメント
歯科恐怖症その1
歯科恐怖症その2
顎関節症その1
顎関節症その2
歯槽膿漏
歯の痛み
赤ちゃんがいる
矯正料金
親知らず
外傷歯の予後

back

action action
すずき歯科ブログ

院長紹介

スタッフ紹介

院内ツアー

診療の流れ

歯科用CT

診療科目

親知らず治療

むし歯を防ごう!

小児歯科

予防歯科

審美歯科

矯正歯科

口腔外科

こんなに怖い歯周病

料金表

bg_footer

〒732-0822 広島市南区松原町9-1
福屋広島駅前店10階

TOPページ診察科目院長紹介スタッフ紹介院内ツアー当院へのアクセス無料メール相談料金表求人情報