こどもの治療に関する質問

Q.断乳の時期
子どもが2歳なのですが、まだ断乳していません。早く断乳しないとむし歯になると聞いたのですが本当でしょうか?

A.回答
本当です。というかその可能性がかなり高くなります。あくまでも確率の話です。厚生労働省の統計では2歳児の20%程度がむし歯を有しています。そして我々小児歯科医は臨床経験上その20%に該当する小児のほとんどが遅い断乳時期と関係があることを知っています。つまり2歳時点で授乳(特に夜間授乳)が継続しているか、あるいはすでに断乳はしているが遅かった(具体的には1歳6ヶ月過ぎ)かのどちらかであると言うことです。ちなみに2歳時に授乳が継続している子どもは20%という統計結果も出ています。2歳児でむし歯のある子どもの割合20%と妙に符合していますね。さらに学術的な研究結果からも低年齢児の最大のむし歯リスクは遅すぎる断乳時期であることが明らかになっています。
では、どうして母乳でむし歯ができるのでしょうか?実は母乳自体がむし歯を発生させることはほとんどありません。もちろん母乳には7%程度の乳糖を含みますので、実験的にむし歯菌(ミュータンス連鎖球菌)に酸を作らせることはできます。しかしながら乳糖は砂糖(シュークロス)と比較し、酸を作る力も歯垢(歯の表面に付着するネバネバ)を作る力も極めて弱いので臨床的には母乳自体によるむし歯の発生は無視できうる程度なのです。じゃあ母乳を飲んでいてもむし歯にはならないかというと大間違い。母乳はむし歯を作りやすい口腔内環境を作るのです。母乳は唾液の持つ二つのむし歯を防ぐ作用を阻害してしまうのです。一つは唾液の自浄作用。唾液が流れるとお口の中を洗い流してくれるのですが、母乳がお口に残っていると自浄作用が発揮されにくくなります。もう一つは唾液のもつ緩衝作用。唾液にはお口の中の酸を中和し中性に保つ働きがあるのですが、母乳はこれを阻害します。つまり母乳はそれ自体、むし歯を発生させる力はないのですが、むし歯を作りやすい環境を作り出します。
では寝る前に母親が仕上げ磨きを完璧に行いお口の中に砂糖と歯垢がまったく残っていない状態であれば、夜間授乳を継続してもむし歯にはならないのでしょうか?答えはイエスです。ところがこの時期の子どもの口の中を完璧にキレイにすることなど我々歯科医療関係者でもできません。ましてや素人のお母さまが毎日実行することなどおよそ現実的ではないと思います。
断乳の時期についてはいろいろな立場の人間がそれぞれの見解を持っているので歯科医師としての一方的な立場で早期の断乳を勧めることはしたくありません。例えば「桶谷式」と呼ばれる助産師さんの一派は母乳育児を強力に推進しています。彼女たちは「子ども自身が自然と卒乳するまで何歳であってもおっぱいを与えたら良い。それは母子の関係を強くするから。」と主張しています。おそらくそれは本当のことなのだと思いますが、一方で上記のごとく遅すぎる断乳が大きなむし歯リスクであることも事実です。ここから先は保護者であるお母さまが判断しなければなりません。むし歯リスクを十分理解した上で、授乳を継続するという決断をされることもあるでしょう。そんな時こそ小児歯科専門医の力を借りてください。私達は子どものお口の健康についてのスペシャリストです。いろいろなノウハウを持っています。少しでも授乳中のむし歯リスクを減らせるように一緒に考えていきましょう。

こどもの治療への質問と回答

目次

2歳児のむし歯治療
5歳歯医者嫌い
3歳歯医者嫌い
フッ素塗布料金
矯正
ダイアグノデント
無痛治療
乳歯が抜けない
永久歯がないと言われた
受け口、ムーシールド
前歯のケガその1
前歯のケガその2
歯ブラシの消毒
口臭
断乳の時期
歯みがきとむし歯予防
小児歯科専門医って?
スポーツドリンクとむし歯

back

action action
すずき歯科ブログ

院長紹介

スタッフ紹介

院内ツアー

診療の流れ

歯科用CT

診療科目

親知らず治療

むし歯を防ごう!

小児歯科

予防歯科

審美歯科

矯正歯科

口腔外科

こんなに怖い歯周病

料金表

bg_footer

〒732-0822 広島市南区松原町9-1
福屋広島駅前店10階

TOPページ診察科目院長紹介スタッフ紹介院内ツアー当院へのアクセス無料メール相談料金表求人情報