こどもの治療に関する質問

Q.乳歯が抜けない
6歳(小学1年生)の息子ですが、なかなか乳歯が抜けなかったのですが、やっと下の歯の前歯が1本ぐらぐらし始めました。すでに永久歯が生え始めているのですが、乳歯の内側に生えております。永久歯が生え揃った時に、歯並びに影響はありませんでしょうか。

A.回答
ご子息の様に乳歯が残っているのに後から永久歯が生えてくる状態を我々は「エスカレーター交換」と読んでいます。一般の方は「二枚歯」と言われますね。この場合の前方に残っている乳歯を抜くか、抜かないかは判断の分かれるところです。我々専門医は、当該乳歯がもうすぐに抜けてしまうほどぐらぐらしている場合(つまり歯根が骨とくっついていない場合)にはあえて抜く必要はないと考えます。しかしながらそうではない場合には、その乳歯はなるべく早期に抜く必要があります。永久歯の歯並びに悪影響を及ぼさないためです。一般歯科の先生が二枚歯になった乳歯を早期に抜く必要があると説明しがちなのは、上記のような判断を避ける為かもしれません。極端に言えば抜く必要がない乳歯を抜いてしまったところで特段の問題は生じませんが、抜く必要のある乳歯を抜かないと問題が生じることになりますから。
さらに歯並びについてですが、このように二枚歯を生じるお子さんは顎が小さいことが多いです。永久歯の大きさと顎の大きさがあまりにアンバランスの場合には、永久歯の歯並びはがたがたになりますから顎の横幅を広げるなどの治療を行います。治療時期の目安は前歯が4本永久歯に変わったくらいからになります。具体的には小学校2~3年生くらいが一番適した時期です。お母さまから見て、ぐらぐらしている乳歯が抜けたとしても後に生えている永久歯がとても入りそうにないと思われるようでしたら、このような治療が必要かもしれません。現在の乳歯を抜くか抜かないかよりも重要で難しい判断になりますので、専門医を受診してみて下さい。

こどもの治療への質問と回答

目次

2歳児のむし歯治療
5歳歯医者嫌い
3歳歯医者嫌い
フッ素塗布料金
矯正
ダイアグノデント
無痛治療
乳歯が抜けない
永久歯がないと言われた
受け口、ムーシールド
前歯のケガその1
前歯のケガその2
歯ブラシの消毒
口臭
断乳の時期
歯みがきとむし歯予防
小児歯科専門医って?
スポーツドリンクとむし歯

back

action action
すずき歯科ブログ

院長紹介

スタッフ紹介

院内ツアー

診療の流れ

歯科用CT

診療科目

親知らず治療

むし歯を防ごう!

小児歯科

予防歯科

審美歯科

矯正歯科

口腔外科

こんなに怖い歯周病

料金表

bg_footer

〒732-0822 広島市南区松原町9-1
福屋広島駅前店10階

TOPページ診察科目院長紹介スタッフ紹介院内ツアー当院へのアクセス無料メール相談料金表求人情報