こどもの治療に関する質問

Q.3歳歯医者嫌い
三歳の息子に虫歯があります。産まれた時から手術治療を続けているので病院が苦手になってます。去年から歯医者に20回ちかく通っています。診察室に入るだけで嫌がってそのまま帰る、が続いていましたが最近は なれて喜んで歯磨きをしてもらえるようになりました。先週音だけ聞かせてみたところ、キーンと大きい音におどろき再びこわがるようになりました。
子供が行きやすいような所はないかとさがしていたところ、カラフルは室内のホームページに目が止まりました。DVDも設置されていて緊張が和らぎそうです。進行止めだけでも塗っていただくことはできますか?

A.回答
"20回も歯科医院を受診されたとは大変なご苦労でしたね。出来れば本格的な歯科治療は避けて、暫間的な処置で済ませたいものだと思います。しかしながら、進行したむし歯に対しては黒くなる薬(一般には“進行止め”などと呼んでいます。正式名称は“サホライド”と言います。)はほとんど無効です。表層のエナメル質に限局したむし歯(C1)であれば、ある程度効果を発揮します。ところがC2以上のむし歯に対しては、現在のむし歯を作るに至った食生活習慣の改善を行っても、ほんの少し進行が遅くなるだけです。お母さまがご覧になって、歯に穴があいているのがわかる程度であれば、全く効かないと思っていただいた方が良いです。
治療に関しては、当院のホームページでご覧頂いたように、小児専用の治療室で行います。DVDなどを観ながらの治療になりますから、器具の音は多少なりともマスクされると思います。DVDの音でかき消されるのではなく、お子さんの意識がDVD画面に集中されるので、器具の音が聞こえにくくなるわけです。他にも、笑気という鎮静ガスを併用した方法もありますが、3歳児ではあまり効果がないと思われます。むしろお勧めしたいのは、Tell Show Do法というトレーニングです。実際に治療に用いる道具を持たせたり、遊びに使ったりして、「キーン」という音や見慣れない道具達に慣れてもらうという脱感作法の一種です。お子さんが音に怯えたのは、「キーン」という聞き慣れない音だけではなく、その音を発する未知の道具にもあるからです。
ところで、出生直後から手術が続いているとのこと。もし手術の原因が心臓奇形などにあるのでしたら、20回もトレーニングを受けるような猶予はありません。すぐにでも、大泣きしたとしてもむし歯治療を受けさせて下さい。進行したむし歯が引き起こす感染性心内膜炎は命にも関わる問題ですから。あるいは全身疾患の治療で、免疫抑制的な薬を投与されている場合も同じです。どうぞご注意下さい。どうぞお子さまにとってベストな治療法が見つかりますように。"

こどもの治療への質問と回答

目次

2歳児のむし歯治療
5歳歯医者嫌い
3歳歯医者嫌い
フッ素塗布料金
矯正
ダイアグノデント
無痛治療
乳歯が抜けない
永久歯がないと言われた
受け口、ムーシールド
前歯のケガその1
前歯のケガその2
歯ブラシの消毒
口臭
断乳の時期
歯みがきとむし歯予防
小児歯科専門医って?
スポーツドリンクとむし歯

back

action action
すずき歯科ブログ

院長紹介

スタッフ紹介

院内ツアー

診療の流れ

歯科用CT

診療科目

親知らず治療

むし歯を防ごう!

小児歯科

予防歯科

審美歯科

矯正歯科

口腔外科

こんなに怖い歯周病

料金表

bg_footer

〒732-0822 広島市南区松原町9-1
福屋広島駅前店10階

TOPページ診察科目院長紹介スタッフ紹介院内ツアー当院へのアクセス無料メール相談料金表求人情報