広島市南区松原町9-1エールエールA館7階

広島駅から徒歩2分

クリニックブログ BLOG

当院の小児歯科

お子さん専用の診療室があります

むし歯の治療は大人でもイヤなものです。小さな子どもならなおさらです。
当院では、お子さんが喜んで通院できるような、様々な工夫があります。
カラフルな色のお部屋はお子さん専用の診療室です。かわいい色使いでお子さんも楽しくなります。また、DVDを見ながら治療を進めます。

クライミング
ウォール

医院へ一歩入っていただくと
クライミングウォールが目に飛び込んできます。
どのお子さんも大喜びで登ってくれます。

様々な行動変容法を用いて治療を行います

系統的脱感作

例えばブラッシングなど、始めは簡単なことから行い、だんだんと治療に近づけていく方法です。

オペラント条件付け

頑張ってできたところをすごく褒めてあげる、あるいはご褒美をあげるなどして正の強化を行う方法です。

TSD法

系統的脱感作の1つでこれから行う治療を説明(Tell)し、使用する道具を見たり触ったり(Show)した後に、治療を行う(Do)方法です。

笑気吸入鎮静法が可能です

治療が難しいお子さんに対して、笑気吸入鎮静法を行うことも可能です、
これはリラックス効果のある笑気ガスを吸いながら、治療を受けていただきます。少しボーっとした状態になり、恐怖心が和らぎます。

どんな手法を用いても、どんなにお話ししても
治療に対する協力が得られないお子さんも、
もちろんいます

そんな時はどうしたらいいのでしょうか?
この場合、取り得る選択肢は2つです。

  • 行動変容法やむし歯の進行止めなどを併用しつつ、泣かずに治療できるようになるまで待つ
  • 泣いても、いやがってもきちんと治療する

上記いずれかを選択していただくのは保護者の皆さんです。
もちろん、私たちは小児歯科のプロとして「今、治療を行わないことの利点とリスク」あるいは、「今、治療を行うことの利点とリスク」をしっかり説明します。
そして保護者の皆さんが治療を望まれた際には、でき得る限り短時間に、そしてきちんとした治療を行うことをお約束します。