広島市南区松原町9-1エールエールA館7階

広島駅から徒歩2分

クリニックブログ BLOG

代表的なトラブル

むし歯・歯周病

つわりでお口のケアができず、むし歯や歯周病のリスクが高まります。

妊娠性歯肉炎

妊娠初期は、急激なホルモンバランスの変化で歯肉の出血や腫れが生じやすい状態です。また痛みを感じにくいため、そのまま放置されやすく、症状が悪化する恐れがあります。

妊娠性エプーリス

女性ホルモン増加で歯肉がコブのように大きく膨らむことがあります。多くは良性で、出産後に自然となくなります。