広島市南区松原町9-1エールエールA館7階

広島駅から徒歩2分

クリニックブログ BLOG

親知らずって抜くもの❓

皆さん親知らずが自分のお口の中にあるか分かりますか?

歯医者に行った時に顎全体が写るレントゲンを撮ると隠れている親知らずも見えます🦷


さて、親知らずの抜歯は痛い😩腫れる😢と聞くことがあります。
全員がそうではありませんが、抜いた後そのようなつらい症状が出ることが多いです…😓
特に、少ししか出ていなかったり完全に骨の中に埋まっている親知らずを抜く場合です。

しかしながら、そのような状態だからこそ親知らずの周りが炎症を起こしたり、ムシ歯で痛みが出たりしやすいのです。
結果、「この親知らずは抜いた方がイイですね」と言われてしまうのです😱
他のもっと大事な歯を守るためにやむなく抜かれてしまう運命になりがちな親知らずサン🦷🦷🦷🦷

では、抜かなくて良い親知らずとは?

まず真っ直ぐ生えていて、上下がしっかり噛み合っている時は積極的に抜くお話はしません。
そして、歯はお口の中で移動させる事があります。
と、言っても矯正治療のような移動ではなく上の歯を下に移動させたりする自家移植という治療法です。

例えば、どこか奥歯を残念ながら抜かなければいけないとなったら?
抜いて入れ歯、ブリッジ、インプラントなどの治療法以外に比較的健全な親知らずを、抜いて歯が無くなった部分に植え換えるというそこそこ引いちゃう治療法があるのです😅
そんな時、イイところに親知らずサンいるじゃん🦷となる事があるのです👍
ただ自家移植は時間との戦いでもあるので、スムーズに抜ける親知らずでないとマッチングしませんの❤️

歯は身体の一部なので、抜かなくていいのであればそのままきちんとお手入れして大事にしてあげましょう。
それは親知らずでもそれ以外の歯でも同じデス。
が、その歯がある事によって不利益が多い時には勇気を出して抜かなければいけない事があります。

親知らずだから抜いちゃえ‼️ではなく、お口の中の状態や生活環境を全体的に考慮してから決めましょう😆

ちなみに私は大学の講義で親知らず抜歯のスライド見て興味津々で4本全部抜いちゃいました😏