広島市南区松原町9-1エールエールA館7階

広島駅から徒歩2分

クリニックブログ BLOG

シーラントってしたほうが良いの?

みなさん、こんにちは!

最近は湿度が高くじめじめした暑さが続きますね😣
梅雨明けが待ち遠しい!!



さて、前回のジュンジカは見つけられましたか?
正解はここです!


今回もどこかにジュンジカが隠れているので探してみてください👀



今回はシーラントについて紹介します。
みなさんは「シーラント」ってご存知ですか?

シーラント(=小窩裂孔填塞法)は、主に生えたばかりの臼歯に施すむし歯の予防処置です。


臼歯には溝があります。
この溝の部分は…
・食べかすが溜まりやすい😥
・歯ブラシの毛先が入りにくい😰

そのため磨き残しも多くなり、むし歯菌にとっては好条件の住処となってしまいます😱




そこで、むし歯になりやすい溝の部分をあらかじめプラスチックの材料でコーティングしてしまい、食べかすやむし歯菌が溜まりにくくしてしまおう!✨
というのがシーラントによるむし歯治療になります。


シーラントは生えたばかりの①歯質が弱く②溝が深い歯に特に効果を発揮します




シーラントを埋める前にはブラシ超音波の機械で溝をクリーニングします。
歯を削ることもなく、痛みもありません。


シーラントでしっかりコーティングして、むし歯菌が溝に入り込むのをブロックしてしまいましょう!




しかし!
シーラントをしたからといって100%むし歯にならないわけではありません🙅‍♀️


シーラントをしていても溝に汚れが溜まらないわけではないので、しっかりと歯磨きをすることが大切です🪥

また、噛んでいる間に欠けるなど、気付かないうちにシーラントが取れてしまっていることもあります。

そのため、
・シーラントした後もむし歯ができていないか
・シーラントが取れてしまっていないか
などを定期検診でチェックしましょう💁‍♀️