大人の治療に関する質問

Q.知覚過敏が治りません
最近、食事中、特に冷たい物を食べると痛みを感じます。
近医で、「むし歯ではなく知覚過敏」と言われ、「シュミテクト」を渡されました。
しかし、一向に改善が見られません。
だんだん痛みがひどくなってきているのですが、どうしたらよいでしょうか?

A.回答
レントゲンでむし歯がないことを確認されているようならば、
痛みの原因はおそらく知覚過敏で間違いないと思われます。

知覚過敏に対し、当院でも「シュミテクト」をお勧めすることは多いです。
しかし、「シュミテクト」は、適切に継続に使用することで、
少しずつ知覚過敏を抑える薬であり、即効性はありません。

「シュミテクト」で改善がみられなければ、神経を麻痺させる薬や、
しみる部分をプラスチックやセメントなどで直接カバーすると言った方法がよく用いられます。

知覚過敏は歯周病や過度のブラッシング圧が原因で起こります。
また、あまり知られていませんが、歯ぎしりやくいしばりによっても引き起こされます。

これらが原因の場合は、知覚過敏の処置だけでは改善が難しいので、
原因となっている疾患の治療も受けられた方が良いでしょう。

おとなの治療への質問と回答

すずき歯科ブログ

院長紹介

スタッフ紹介

院内ツアー

診療の流れ

歯科用CT

診療科目

おとなの治療

こどもの治療

矯正歯科

訪問診療