大人の治療に関する質問

Q.歯医者が怖いです
歯医者さんに強いトラウマがあり、恐怖感があります。
診察台に座って口をあけるだけでドキドキし、
口の周りや顔面が震えてしまいます。
痛くない治療は出来ないのでしょうか?

A.回答
このような症状を「歯科恐怖症」と言います。
対応法としては、
1.行動変容療法
2.薬物療法 を行います。

「行動変容療法」は、小児歯科では非常によく使われます。
成人の歯科恐怖症の場合には、
未知の治療内容に対する不安が大きいことが多いので、
治療内容に対するインフォームド・コンセントを丁寧に行います。
このことにより、患者さんの治療への恐怖心を軽減させることを目的とします。

それでも恐怖が強い場合には、以下のような「薬物療法」を用います。
・笑気吸入鎮静法
・マイナートランキライザー投与
・静脈内鎮静法
・全身麻酔

それぞれの方法には一長一短があり、患者様の状態により使い分けることになります。

当院で最も良く行うのは「笑気吸入鎮静法」です。
笑気という気体を吸うことで、
いい気分になり、歯科恐怖はかなり和らぎます。

それでも治療への恐怖心が強い場合には、
歯科恐怖症の方のために設置されている広島大学病院の
「あんしん歯科診療室」に紹介致します。
この診療室は静脈内鎮静や全身麻酔を行うために麻酔医が常駐しています。

以上の対応以外にも、
当院では痛くない麻酔を心がけております。
表面麻酔と、ゆっくりと薬液を注入する電動麻酔器を用いるので、
痛みはかなり軽減されると思います。

他にも不安なことがありましたら、ご相談下さい。

おとなの治療への質問と回答

すずき歯科ブログ

院長紹介

スタッフ紹介

院内ツアー

診療の流れ

歯科用CT

診療科目

おとなの治療

こどもの治療

矯正歯科

訪問診療