こどもの治療に関する質問

Q.むし歯になったのは、歯みがきが悪かったせいですか?
3歳の息子にむし歯を作ってしまいました。大変ショックです。
私の仕上げみがきが悪かったのでしょうか?

A.回答
「むし歯予防=歯みがき」というイメージがありますが、
実は、低年齢児のむし歯の原因は「歯みがき不足」ではなく、
「長く続いた夜間授乳」と「甘いものの食べ過ぎ」なのです。

このことは多くの研究で証明されており、その1例をご紹介します。
330名の小児を対象に、1歳半健診時の「甘いお菓子をほぼ毎日食べる」「就寝時の授乳」etc...という習慣の有無を記録しておきます。
そして、1年半後の3歳児健診にむし歯の有無を調査しました。



1歳半の時に「甘いお菓子を毎日食べる」習慣のあった18名は、
1年半後に13名(72.2%)がむし歯になりました。(表の黄色の〇)
その習慣のなかった312名は92名(29.5%)がむし歯になりました。
統計的に「甘いお菓子を食べる習慣と虫歯の発生」には関連があることを示しています。

一方、1歳半時の「保護者による歯みがき習慣」があるかどうかや
「プラークスコアー(お口の汚れ具合)」が良いかどうかは
3歳時のむし歯の有無にはなんの相関も見いだせません。(表の赤色の〇)

これらのことを踏まえると、
「歯みがきしているかどうかよりも、
毎日甘いものを食べないことがむし歯予防になる」ことがわかります。

ただし、年齢が上がってくると「歯みがき」もむし歯予防の有効な手段となってきます。
当院では、お子さんの年齢に応じたむし歯予防の方法ををご提案しております。

こどもの治療への質問と回答

すずき歯科ブログ

院長紹介

スタッフ紹介

院内ツアー

診療の流れ

歯科用CT

診療科目

おとなの治療

こどもの治療

矯正歯科

訪問診療