大人の治療に関する質問

Q.顎関節症その2
息子は今、センター試験の真っ最中。県外の大学への進学を希望しています。
15日の朝、「口が開かない」と言って起きてきました。かかりつけの歯医者に行かせたところ、「顎関節症です。あごがかくかく音がしています。(以前から自覚していました。)マウスピースを作りましょう。」とのことで、22日にできあがります。お伺いしたいのは、マウスピース以外に整体・マッサージなどで具合をよくする方法がないかということです。いまだに指2本分しか口が開かないので、ストレスを感じているようです。自宅にいる間に完治させてやりたいです。

A.回答
顎関節症は大変厄介な病気で明確な原因が特定できることはほとんどありません。発症する少し前に銀歯などを入れている場合には咬み合わせの問題であることが分かるのですが…。多くの歯科医師はストレスと関連があると考えています。事実、受験生が顎関節症を発症しても無事大学に入学してしまうとすっかり治ってしまうなどの事例に頻繁に遭遇します。ご子息の場合にも若年者であることから一過性の症状の可能性が高いと思われますが、かといって放っておく訳にもいきません。実際には現時点での治療はマウスピースを使うことにより夜間の歯ぎしり、食い縛りを防止し、顎関節を安静にすることしかないと思われます。
後期試験までの期間は症状が続くでしょうが、合格してしまえば必ずすっかり治ってしまうでしょう。それまではマウスピースでなんとか過ごして頂くしかありません。どうぞ頑張って下さい。
なお、大学生になった後も同様の症状が続く場合には大学病院、総合病院などの口腔外科を受診する必要があるかも知れません。

おとなの治療への質問と回答

目次

ドックベストセメント
歯科恐怖症その1
歯科恐怖症その2
顎関節症その1
顎関節症その2
歯槽膿漏
歯の痛み
赤ちゃんがいる
矯正料金
親知らず
外傷歯の予後

back

action action
すずき歯科ブログ

院長紹介

スタッフ紹介

院内ツアー

診療の流れ

歯科用CT

診療科目

親知らず治療

むし歯を防ごう!

小児歯科

予防歯科

審美歯科

矯正歯科

口腔外科

こんなに怖い歯周病

料金表

bg_footer

〒732-0822 広島市南区松原町9-1
福屋広島駅前店10階

TOPページ診察科目院長紹介スタッフ紹介院内ツアー当院へのアクセス無料メール相談料金表求人情報