子どもの予防歯科

生涯にわたっての「むし歯のなりやすさ」は、幼少期の生活習慣が大きく影響することがわかっています。
このため、当院では、食生活をはじめとした生活習慣に対するアドバイスを重点的に行っています。

日本小児歯科学会小児歯科専門医が、お子さんが成長された後のことまでを視野に入れた予防プランを提案します。

当院での予防ケア

・むし歯を予防するための食生活アドバイス
むし歯予防において、食生活を整えることが大切です。お子さんの成長時期にあったアドバイスを行っています。

・予防するための歯みがきアドバイス
どこにみがき残しがあるかを鏡で確認しながら、お子さんと歯みがき練習をします。保護者の方へは、むし歯予防につながる仕上げみがきの方法をお伝えします。

・奥歯の溝のむし歯予防シーラント
奥歯の噛み合わせは、溝が複雑で汚れが溜まりやすく、むし歯になりやすい場所です。シーラント(フッ素を含むプラスチック)でその部分を浅くすることで、むし歯を予防します。

・歯を強くするフッ素塗布
フッ素はむし歯を予防する作用があります。定期健診毎に、ご希望の方にはフッ素塗布を行っております。

・歯科医院で行うケア歯の専門クリーニング
歯みがきでは落とせなくなったプラークを専用機器できれいにします。歯の表面をきれいにすることで、むし歯・歯肉炎を予防する作用が期待できます。

ご自宅での予防ケア(セルフケア)

・ポイントを押さえた歯みがき
歯ブラシを使って、丁寧にみがいていきます。仕上げみがきも10歳頃までは続けてください。
成長期の子どもの場合、年齢によりむし歯になりやすい場所が変わってきます。ポイントを押さえて、歯みがきすることが重要です。

・歯と歯の間のむし歯を予防デンタルフロス
歯と歯の間はむし歯になりやすい場所の一つです。これを防ぐには、フロスで歯と歯の間のプラークを取り除くことが重要です。

・歯を強くするフッ素
歯科医院専用のフッ素以外にも、日常的にフッ素配合の歯磨き剤などの利用することをお勧めしています。

すずき歯科ブログ

院長紹介

スタッフ紹介

院内ツアー

診療の流れ

歯科用CT

診療科目

おとなの治療

こどもの治療

矯正歯科

訪問診療