子どもの口腔外科

当院では、口の中のケガ、余分な歯の抜歯など、お子さんのお口の外科治療も行っております。
歯科用CTを導入しており、詳細な検査も可能となっております。

歯をぶつけた:外傷 (がいしょう)

口の中のケガでは上の前歯をぶつけることが多く、衝撃により歯が動いたり、欠けたり、抜け落ちたりすることがあります。
暫くしてから歯が黒く変色することもあります。
緊急性がある場合が多いので、できるだけ早く来院ください。

乳歯が抜けない・余分な歯がある: 抜歯 (ばっし)

乳歯が抜けないまま、次の永久歯がはえることがあります。
(学校検診では、「要注意乳歯があります」と指摘されます。)
その他にも、大きなむし歯で治療での改善が難しい乳歯や、次の永久歯に悪影響を与えそうな乳歯、余分な歯(過剰歯:かじょうし)も、抜歯をお勧めすることがあります。

すじがきつい:小帯異常 (しょうたいいじょう)

小帯(しょうたい)とは、上くちびるや舌にあるすじことです。
上唇小帯(じょうしんしょうたい)がきついと、歯みがきがしづらかったり、前歯がすきっ歯になるケースがあります。 また、舌小帯(ぜつしょうたい)が太く短く、舌が動かしにくいと、しゃべりにくかったり、歯並びに影響がでる場合もあります。 いずれも負担の軽いレーザーで治療できますので、ご相談ください。

すずき歯科ブログ

院長紹介

スタッフ紹介

院内ツアー

診療の流れ

歯科用CT

診療科目

おとなの治療

こどもの治療

矯正歯科

訪問診療