小児歯科

- 大泣きでも治療しなくてはならないこともあります -

小さいお子さんのむし歯治療

むし歯の治療は大人でもイヤなもの。
小さな子どもならなおさらです。

すずき歯科小児歯科には
子どもが喜んで通院できるようないろいろな工夫があります。

まず、医院を一歩入って頂くと目に飛び込んでくるクライミングウォール。
どの子ども大喜びで登ってくれます。
診療室も成人用とは完全に別の専用のもの。
キッズスペース
かわいいパステルの色使いで楽しくなります。
そしてお気に入りのDVDを見ながら治療を進めます。
小児歯科治療スペース
また、いろいろな行動変容法も用います。
行動変容法には
系統的脱感作
(始めは簡単なこと、例えばブラッシングから行い、だんだんと治療に近づけていく方法)、

オペラント条件付け
(頑張って出来たところをすごく褒めてあげる、あるいはご褒美をあげるなどして正の強化を行う方法)、

TSD法
(系統的脱感作の一種:これから行う治療を説明し[Tell]、使う道具を見たり触ったり[Show]した後に、治療を行う[Do])

などがあります。

それでも、治療が出来ない子のためには笑気吸入鎮静法も行います。
これはリラックスする効果のある笑気ガスを吸いながら、
治療を受ける方法です。
少しボーっとした状態になり恐怖心が薄れます
笑気吸入鎮静法

それでも、どんな手法を用いても、
どんなにお話ししても治療に対する協力が得られない子どももいます。

そんな時はどうしたらよいでしょう?

この場合、取り得る選択肢は二つです。

「行動変容法やむし歯の進行止めなどを併用しつつ、
泣かずに治療できるようになるまで待つ」か、

「泣いても、いやがってもきちんと治療する」
のいずれかを選択して頂くのは保護者の皆さんです。
治療風景
もちろん、私たちは小児歯科のプロとして
「今、治療を行わないことの利点とリスク」、

あるいは
「今、治療を行うことの利点とリスク」
をしっかり説明します。

そして保護者の皆さんが治療を望まれた際には、
出来うる限り安全に、短時間に、そしてきちんとした治療を
行うことをお約束します。

子どもの予防歯科

生涯にわたっての「むし歯のなりやすさ」は、幼少期の生活習慣が大きく影響することがわかっています。
このため、当院では、食生活をはじめとした生活習慣に対するアドバイスを重点的に行っています。

日本小児歯科学会小児歯科専門医が、お子さんが成長された後のことまでを視野に入れた予防プランを提案します。

当院での予防ケア

・むし歯を予防するための食生活アドバイス
むし歯予防において、食生活を整えることが大切です。お子さんの成長時期にあったアドバイスを行っています。

・予防するための歯みがきアドバイス
どこにみがき残しがあるかを鏡で確認しながら、お子さんと歯みがき練習をします。保護者の方へは、むし歯予防につながる仕上げみがきの方法をお伝えします。

・奥歯の溝のむし歯予防シーラント
奥歯の噛み合わせは、溝が複雑で汚れが溜まりやすく、むし歯になりやすい場所です。シーラント(フッ素を含むプラスチック)でその部分を浅くすることで、むし歯を予防します。

・歯を強くするフッ素塗布
フッ素はむし歯を予防する作用があります。定期健診毎に、ご希望の方にはフッ素塗布を行っております。

・歯科医院で行うケア歯の専門クリーニング
歯みがきでは落とせなくなったプラークを専用機器できれいにします。歯の表面をきれいにすることで、むし歯・歯肉炎を予防する作用が期待できます。

ご自宅での予防ケア(セルフケア)

・ポイントを押さえた歯みがき
歯ブラシを使って、丁寧にみがいていきます。仕上げみがきも10歳頃までは続けてください。
成長期の子どもの場合、年齢によりむし歯になりやすい場所が変わってきます。ポイントを押さえて、歯みがきすることが重要です。

・歯と歯の間のむし歯を予防デンタルフロス
歯と歯の間はむし歯になりやすい場所の一つです。これを防ぐには、フロスで歯と歯の間のプラークを取り除くことが重要です。

・歯を強くするフッ素
歯科医院専用のフッ素以外にも、日常的にフッ素配合の歯磨き剤などの利用することをお勧めしています。

子どものむし歯治療

子どものむし歯治療で大切なことは、永久歯のことを重視して考えながら行うことです。 たとえ今、むし歯があっても、最終的にむし歯のないきれいな大人の歯並びを目指していきましょう。

小さなむし歯治療 : レジン

小さなむし歯の場合、その部分を取り除きレジン(白いプラスチック)で治療します。
個人差はありますが、回数は一箇所につき、1、2回で終わることが多いです。

大きなむし歯治療 : 神経の治療 → 乳歯冠(にゅうしかん)

歯の神経まで達する大きなむし歯の場合は、何回かかけて神経の治療を行います。
その後は、強度を持たせるために、かぶせの銀歯にします。(はえかわる時に、乳歯と一緒にこの銀歯も抜けます。)

早い時期に歯を抜くことになったら : 保隙装置(ほげきそうち)

永久歯に悪影響を与えそうな乳歯を早い時期に抜くことがあります。
その後、次の永久歯がはえるまでに時間がかかる場合は、はえる場所を保持しておくための装置(1本分の場合は、保険適用)を入れておくことが大切です。

子どもの口腔外科

当院では、口の中のケガ、余分な歯の抜歯など、お子さんのお口の外科治療も行っております。
歯科用CTを導入しており、詳細な検査も可能となっております。

歯をぶつけた:外傷 (がいしょう)

口の中のケガでは上の前歯をぶつけることが多く、衝撃により歯が動いたり、欠けたり、抜け落ちたりすることがあります。
暫くしてから歯が黒く変色することもあります。
緊急性がある場合が多いので、できるだけ早く来院ください。

乳歯が抜けない・余分な歯がある: 抜歯 (ばっし)

乳歯が抜けないまま、次の永久歯がはえることがあります。
(学校検診では、「要注意乳歯があります」と指摘されます。)
その他にも、大きなむし歯で治療での改善が難しい乳歯や、次の永久歯に悪影響を与えそうな乳歯、余分な歯(過剰歯:かじょうし)も、抜歯をお勧めすることがあります。

すじがきつい:小帯異常 (しょうたいいじょう)

小帯(しょうたい)とは、上くちびるや舌にあるすじことです。
上唇小帯(じょうしんしょうたい)がきついと、歯みがきがしづらかったり、前歯がすきっ歯になるケースがあります。 また、舌小帯(ぜつしょうたい)が太く短く、舌が動かしにくいと、しゃべりにくかったり、歯並びに影響がでる場合もあります。
いずれも負担の軽いレーザーで治療できますので、ご相談ください。
すずき歯科ブログ

院長紹介

スタッフ紹介

院内ツアー

診療の流れ

歯科用CT

診療科目

おとなの治療

こどもの治療

矯正歯科

訪問診療